2学年修学旅行レポート⑦

2022.11.07

本日は沖縄修学旅行最終日でした。

 

守礼門で集合写真撮影をした後、国際通りで自由行動となりました。生徒たちは、まるで沖縄を持ち帰るかのように、たくさんのお土産を購入し、楽しんでいました。

 

飛行機に乗るときには「あっという間だったなぁ…」と、名残惜しそうにしている声も聞こえ、寂しさの中にも、この4日間が充実していたことも伝わってきました。

 

いつもと異なる環境で生活をしてきた生徒たち。自宅に戻ったときには、きっとこれまでにない"有り難み"を感じるでしょう。

 

自分の布団で寝られる幸せが、当たり前ではないこと、いつも繰り返し行なっていた日常の生活が、"幸せ"であることに気づけたら、それがこの修学旅行のゴールです。

 

保護者の方々、そして今回の修学旅行に関わってくださった皆様、コロナ禍という厳しい状況にありながらも、温かく送り出してくださり、本当にありがとうございました。この修学旅行は、活動も制限され、思うような学生生活が送れていない生徒にとって、はじめての経験が沢山詰め込まれた旅になりました。皆様のお力添えによって、この素晴らしい修学旅行を無事に迎え、そして終えられたこと、教員一同感謝しております。

 

この度は、本当にありがとうございました。

ホテル出発までの様子

国際通りにて

さらば沖縄!